A New Domain of Nursing and Engineering

寄付講座キーワード予測(すなわち変えられる未来)

東京大学大学院医学系研究科・医学部
ライフサポート技術開発学(モルテン)寄付講座

ライフサポート技術開発学(モルテン)寄付講座 フェイスブック ページ(Facebook page)
Department of Life Support Technology (Molten)
Graduate School of Medicine, the University of Tokyo


新着情報 What's new (Updated on 2020-09-18)

最近の主なTopic

  • Sensorsに論文"Factors Associated with Callus Formation in the Plantar Region through Gait Measurement in Patients with Diabetic Neuropathy: An Observational Case-Control Study"の掲載が決まりました.千葉大学の雨宮先生が中心となって進められた研究です(2020-08-25).
  • 人工知能学会の会誌「人工知能」に森前特任教授の論説「看護プロフェッショナルと協働するAI」の掲載が決定しました.看護理工学,看護と画像処理AI,みまもり工学,看護とビッグデータに関する8ページの論文です(2020-06-24)
  • 論文"Examination of the Effect of Suitable Size of Shoes under the Second Metatarsal Head and Width of Shoes under the Fifth Metatarsal Head for the Prevention of Callus Formation in Healthy Young Women"が英文書籍"Sensors for Gait, Posture, and Health Monitoring"に掲載されました(2020-06-23).
  • 論文「介護保険病床を有する病院スタッフから見た認知症症状を有する患者へのコミュニケーションロボットの導入・継続に成功した要因」の看護理工学会誌への採録が決定しました(2020-06-22)
  • 森武俊前特任教授41日より本学次世代知能科学研究センター教授として転出しました.東京大学大学院情報理工学系研究科で研究・教育に従事します(2020-04-01).
  • 野口博史前特任講師41日より大阪市立大学准教授として転出しました.工学部・工学研究科電子情報系専攻で教育・研究に従事します(2020-04-01).
  • 41日より,老年看護学/創傷看護学分野の真田 弘美教授が本寄付講座を兼務いたします.2020930日まで,高橋聡明特任助教とともに,研究・教育に携わります.本寄付講座のグローバルナーシングリサーチセンターのロボティクス・ナーシング分野との関わりも継続いたします(2020-04-01)
  • 東京大学本郷キャンパス医学部3号館別棟にあるライフサポート技術開発学(モルテン)寄付講座が利用している「工学系実験室」は当分の間見学等の受付を停止いたします(2020-03-30).
  • その他の最新トピック

 ライフサポート技術開発学(モルテン)寄付講座は,東京大学大学院医学系研究科・医学部へのモルテンによる寄附により2010101日に設立され,工学・理学・情報学などの自然科学を基盤として,生活に起因する症候・症状の実態・メカニズムの解明に基づく介入が可能な看護学的アプローチの開発から広く生活支援を行う方法論の確立を目指すライフサポートテクノロジー(Life Support Technology)を創生することを目的に2015101日より二期目をスタートした寄付講座です.


Yasuda201503_small The University of Tokyo


 人間の日常生活行動に起因する健康上の虚弱化を予防するため,その原因を解明をベースに先端的なモニタリング・予防システムを開発する研究を進めます.

 看護記録,看護情報,ロボティクスナーシング,看護ロボット,介護ロボット,ロボティック看護,ロボティックベッド,ロボティックマットレス,ベッドサイド生態情報モニタリング・無拘束生理量推定,マットレス・枕・睡眠環境

Send to Kindle