関連講座・学会

寄付講座キーワード予測(すなわち変えられる未来)

The University of Tokyo 大学院医学系研究科・医学部
ライフサポート技術開発学(モルテン)寄付講座

ライフサポート技術開発学(モルテン)寄付講座フェイスブック ページ(Facebook page)

Department of Life Support Technology (Molten)
Graduate School of Medicine, the University of Tokyo


新着情報 What's new (Updated on 2017-09-18)


最近の主なTopic

  • 33 回ライフサポート学会大会,第 17 回日本生活支援工学会大会,日本機械学会 福祉工学シンポジウム 2017の3学会共催のLIFE2017へ参加し,2件発表を行いました.またライフサポート学会理事会・評議員会懇談会・表彰会議へ出席しました(2017-09-17).
  • LIFE2017_20170916

  • GNRC20171011

  • 2017EMBC_TMLifesupport_EMBC17 2017EMBC_DA

  • jami-ni2017_miyahara

  • 19029203_1157274501043795_5127036605965202793_n


 ライフサポート技術開発学(モルテン)寄付講座は,東京大学大学院医学系研究科・医学部へのモルテンによる寄附により2010101日に設立され,工学・理学・情報学などの自然科学を基盤として,生活に起因する症候・症状の実態・メカニズムの解明に基づく介入が可能な看護学的アプローチの開発から,広く生活支援を行う方法論の確立を目指すライフサポートテクノロジー(Life Support Technology)を創生することを目的に2015年10月1日より二期目をスタートした寄付講座です.
  • Yasuda201503_small


人間の日常生活行動に起因する健康上の虚弱化を予防するため,その原因を解明をベースに
先端的なモニタリング・予防システムを開発する研究を進めます.

みまもりシステム・みまもり支援,ロボティクスナーシング,看護ロボット,介護ロボット,ロボティック看護,ロボティックベッド,ロボティックマットレス,歩容計測,歩行リハビリテーション,歩様エデュケーション,知能住宅・スマートホーム,センサネットワーク・パーベイシブコンピューティング,IoT・サイバーフィジカル,行動計測・動作認識,画像認識・画像理解,機械学習・統計的推定,ベッドサイド生態情報モニタリング・無拘束生理量推定,マットレス・枕・睡眠環境,分散機械制御,知能ロボット,歩容モデリング,カスタマイズフットウェア,パーソナルモビリティ・自律走行・自律移動


Send to Kindle